出会い系サイトの登録情報は最小限に

出会い系サイトに登録をする時には、ニックネームや年齢、住んでいる都道府県や性別、そしてメールアドレスなどを入力することになります。サイトによって入力が必要な項目は違ってきますが、登録情報はなるべく最小限に留めておくのが望ましいです。

■優良サイトばかりではないのが現状

残念ながら、出会い系サイトの全てが優良サイトというわけではありませんし、悪質なサイトも多数存在しています。そのため、安易に住所や電話番号を入力するのはリスキーですし、個人情報の悪用にも繋がりかねません。したがって、もしもそれらの情報を求めてくるようであれば、そのサイトには登録しないのが賢明でしょう。

一度でも悪質なサイトに登録してしまうと、そこから色々なサイトに情報が流れることになってしまいます。だからこそ、登録情報は最小限に留めるべきなのです。

■自分から公開することも控える

また、登録時にこれらの情報が必要でなくても、プロフィールや掲示板などに電話番号などを公開する人もいたります。しかし、それもかなり危険な行為と言えますし、サイト内にいる悪質ユーザーに悪用される可能性があります。相手にアピールしたい気持ちも分かりますが、むやみに個人情報をさらけ出すような行為は、出会い系サイトだけに限らずやるべきではありません。

■相手に自分の情報を教える際も注意

そして、出会い系サイトで知り合った相手に対しても、自分の情報を教える際には注意が必要です。少なくとも信頼ができると確信を持てるまでは、電話番号などを教えることは控えた方がいいでしょう。場合によっては、実際に出会うまでは個人情報を教えないのも1つの方法です。

■どんなサイトでも個人情報の管理は重要

出会い系サイトだけでなく、ネット上のサイトを利用する際には、個人情報の管理はとても重要になってきます。ちょっとした不注意で、様々な問題やトラブルを引き起こしかねないので、安易に教えたり公開すべきではありません。

意外と簡単?危険な出会い系サイトを見分けるポイント

出会い系サイトの中には、悪質と言っても良い業者も存在します。危険でトラブルがあるなど問題になる場合が多いため、登録は避けるべきと言えるでしょう。ただし、危険なサービスを見分けることは可能ですので、登録前に確認してみることをおすすめします。

■業者の運営情報を見る

最初に出会い系サイトを運営する業者の情報を確認してみましょう。企業名と住所、連絡先の3つは必ず確認する必要があります。特に住所はバーチャルオフィスや架空住所を使っていることもありますが、これらに該当した場合は危険な可能性が高いと言えます。ネットで住所の実在確認をしてみましょう。

■サイトの作りを確認する

出会い系サイトの作りもチェックしましょう。健全なサイトであれば、誰でも使いやすいデザインに収まっています。しかし男性向けのアダルトな作りのサイトなどは悪質な可能性が高いため、登録は避けたほうが良いでしょう。サクラがいたり架空請求のトラブルが起こったりするリスクがあります。

■利用規約のチェックを

規約も確認が必要です。優良な出会い系サイトの場合、しっかりと規約を書いてあります。しかし悪質な業者の場合、他のサイトに同時登録される内容を規約に盛り込むなど、ユーザーに不利な内容が書かれています。必ず目を通しておきましょう。

■評判も重要

ユーザーの評判や口コミも大切です。健全な出会い系サイトならユーザーの評判も良く、逆に悪質なサービスは悪い評判が目立つ傾向にあります。しかし業者が口コミなどを偽っている事例も見られますので、あくまで判断材料の一つに留めておくのが良いでしょう。

■絶対に登録してはいけない

危険な出会い系サイトへ登録するべきではありません。後でトラブルになることがほとんどで、個人情報を盗まれるリスクも潜んでいます。最悪の場合、金銭被害に遭うことも否定はできません。どのようなサイトにせよ、必ず業者の安全性や利用規約を確認してから登録を判断しましょう。